ドキ、ドキ

ドキ、ドキ
胸が音を立てるほどに
「好き」の気持ちが膨らむ夜
今宵も愛しい声を運ぶのは
銀色の小さな魔法の箱